キックオフ・フォーラム in九州

  • HOME »
  • キックオフ・フォーラム in九州

キックオフ・フォーラム in九州が終了いたしました。
多数のご参加、まことにありがとうございました。

東北フォーラム

日時:平成20年8月24日(日)午後1時~5時30分
会場:九州大学医学部 百年講堂
主催:医療安全全国共同行動推進会議、“キックオフ・フォーラム in九州”実行委員会
後援:九州厚生局、福岡県、九州医師会連合会、福岡県病院協会、福岡県私設病院協会、福岡県歯科医師会、福岡県看護協会、佐賀県看護協会(申請中)、長崎県看護協会、熊本県看護協会、大分県看護協会(申請中)、宮崎県看護協会、鹿児島県看護協会、沖縄県看護協会、福岡県病院薬剤師会、福岡県臨床工学技士会
協賛:医療法人社団敬愛会 佐賀記念病院、医療法人智仁会 佐賀リハビリテーション病院、医療法人同愛会 副島病院、医療法人 ひらまつ病院、医療法人祐愛会 理事長 織田正道、株式会社ウベ循研、日本エア・リキード株式会社、メディキット株式会社
(敬称略・50音順)

プログラム

プログラム

総合司会 鮎澤 純子(九州大学)/安藤 廣美(飯塚病院)

開会式(13:00-13:25)
1) 開会の辞  小泉 俊三(“キックオフ・フォーラムin九州” 実行委員長/佐賀大学)
2) 挨拶
1. 九州厚生局
2. 福岡県医師会
3. 福岡県看護協会

「共同行動の概要の説明」(13:25-13:40)
上原 鳴夫(共同行動企画委員会/東北大学)

「8つの行動目標について―推奨する対策の説明と取り組み事例の紹介」 (13:45-16:30)
(座長)小泉 俊三
1)危険薬の誤投与防止 井上 文江(飯塚病院)
2)周術期肺塞栓症の防止 阿部 靖之(熊本中央病院)
3-a)危険手技の安全な実施-経鼻栄養チューブ 山元 恵子(東京北社会保険病院)
3-b)危険手技の安全な実施-中心静脈カテーテル 宮田 剛(東北大学病院)
4)医療関連感染症の防止 栗原 慎太郎(長崎大学医学部・歯学部附属病院)
5-a)医療機器の安全な操作と管理-輸液ポンプ・シリンジポンプ 秋好 美代子(九州大学病院)
5-b)医療機器の安全な操作と管理-人工呼吸器 田口 彰一(田口会新橋病院)
(休憩15:30-15:45)
6)急変時の迅速対応 上原 鳴夫(東北大学)
7)事例要因分析から改善へ 種田 憲一郎(国立保健医療科学院)
8)患者・市民の医療参加 山室 眞知子(全国患者図書サービス連絡会)

「参加登録方法とHPの説明」(16:30-16:45)
原田 賢治(共同行動IT部会/東京大学医学部附属病院)

特別講演 (16:45-17:15)
「TQMとリーダーシップ」副島 秀久(済生会熊本病院)
(座長)安藤 廣美(飯塚病院)

米国100Kキャンペーンからのメッセージ  Dr. Berwick (17:15- 17:25)

閉会の辞 (17:25- 17:30)  鮎澤 純子

(敬称略)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 医療安全全国共同行動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.