医療安全セミナー「医療安全の今を考える ~今のままでよいのか、日本の医療安全~」

日本における医療安全元年である1999年から現在まで、医療事故の発生時には、「誰が」ではなく「なぜ、そうなったのか」というプロセスを追うことで、事故の再発を防ぐための標準化や改善活動が推進されてきました。また、医療事故はチームや組織全体で防ぐことが必要として、患者の安全性を優先する職場風土づくりが重視されています。
一方で、臨床においては同様の事故か繰り返されており、重大な医療事故も後を絶ちません。私たち医療安全に関わる者にとっては、これまでの安全活動の成果や反省の上に立ち、さらなる患者安全をめざして活動の前進を図る、今が正念場です。
今回のセミナーでは、講師に病院管理者、人間工学専門家、医療安全管理者、医療事故遺族の各先生方を迎え、シンポジウム形式で大いに論じ合っていただきます。これでよいのか医療安全、課題の実践で成果をどう出すか、次のステージに向けて一歩踏み出しましょう!  ➡ 詳細はこちら