「医療安全レポート」第31号(2019年10月号)の閲覧はこちらから
医療安全レポート No.31[2019年10月号] 目次

●医療事故発生・報告の状況
Ⅰ 医療事故の発生状況
Ⅱ 医療事故調査制度による報告数

●行動目標の実現に向けて
・行動目標3b:危険手技の安全な実施
-中心静脈カテーテル穿刺挿入手技に関する安全指針の遵守
中心静脈穿刺の致死的合併症を防ぐ新たな仕組み(6)「空気塞栓」
/徳嶺 譲芳、萬 知子
・行動目標W1:医療従事者を健康被害からまもる
-抗がん剤曝露のない職場環境を実現する
抗がん剤曝露対策の現状と今後の取り組みに向けて/藤井 恵美

●病院における医薬品の安全管理(6回連載)
第5回 病院薬剤部におけるリスクマネジメント
ベスト・プラクティスとしての医薬品の安全管理/佐藤 邦義

●医療現場からのアドバイス(3回連載)
医療機器安全管理の現状と課題(3)/中島 勧

●連載 人間生活工学の人が考えた医療安全6
閑話休題:安全の全体像を考える/小松原 明哲

●連載 医療安全をシステムで保証する18
問題解決(2)/飯塚 悦功

●連載 安全文化の醸成を考える30
患者家族からのメッセージ〈6〉/種田 憲一郎

●連載 患者目線の医療安全 6
紹介状(診療情報提供書)もカルテ開示の対象です/勝村 久司

●海外からのレポート
レジリエンス・ヘルスケアとCAREモデル:イギリスにおける取り組み
/ジャネット・E・アンダーソン、アラステア・ロス、小舘 尚文