肺塞栓症予防について

肺塞栓症予防について

『肺血栓塞栓症』とは血栓(血液のかたまり)が肺の血管で詰まってしまう病気のことをいい、長時間の飛行機旅行などでおこる『エコノミークラス症候群』も同じものです。近年、災害時に避難所や車中での避難生活において発症のリスクが高まることが知られ、注意喚起されています。

手術中や手術後または入院中には、深部静脈血栓症(脚の深いところにある太い血管に血栓ができること)が起こる要因がそろいやすく、血栓ができて『肺血栓塞栓症』を発症する可能性があります。これらの病気を100%予防することは困難ですが、できるだけ起きないようにするためには医療者の取り組みだけでなく、患者さんの理解と協力が必要となります。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 医療安全全国共同行動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.