行動目標4 医療関連感染症の防止

行動目標4 医療関連感染症の防止

感染症は、新興・再興感染症、薬剤耐性菌などのかたちをとって現代医療の最前線に立ちはだかる大きな壁となっています。重症患者の生命を左右する「院内感染」として着目されて以来、医療関連感染症に対しては、感染症診療および感染制御(管理)の両側面から、専門家集団により、各種対策が開発されています。
行動目標4では、医療安全の観点から、これらのうち特に、手指衛生、各種感染予防策、薬剤耐性対策などを重点的に取り上げ、その普及・啓発を目指しています。

[目標] 医療行為が関わる感染症死亡を防ぐ

[推奨する対策]

1.手指衛生*の徹底  *WHO"Clean Hands"Campaign

2.標準予防策・感染経路別予防策の強化

3.環境と器具の清浄化

4.薬剤耐性(Antimicrobial Resistance ; AMR)対策

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 医療安全全国共同行動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.