分科会B:行動目標3a「危険手技の安全な実施―経鼻栄養チューブ」(医療安全全国フォーラム2016  第3部)

分科会B:行動目標3a「危険手技の安全な実施―経鼻栄養チューブ」

◆テーマ  患者安全を担保した経鼻栄養チューブの挿入と経管栄養の手順

目的:経鼻栄養チューブに関する死亡事故防止
趣旨:繰り返して生じている経鼻栄養チューブに関連する事故を防止するための手順書の検討
内容:実際に起きた事故事例を当事者家族から報告してもらいます。
私たちがやるべき行動をきっちり実践するための手順について参加の皆さまと共に検討しましょう!!
1. 初回のチューブ挿入時に、胃内の留置位置を複数の方法で確認するための手技
2. 毎回、栄養剤の注入前後に確認するためのチェックリストの提案
(形式:ワークショップ)

〈講師〉
・北村直人(水戸赤十字病院 内科(消化器内科)医師)
・須田喜代美((一財)竹田健康財団 竹田綜合病院 医療安全管理室 課長)
・關 良充((公社)地域医療振興協会 東京北医療センター 医療安全管理室 室長)
〈ファシリテーター〉山元恵子((公社)東京都看護協会 会長)

(敬称略)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 医療安全全国共同行動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.