医療安全全国フォーラム2018 開催報告

医療安全全国フォーラム2018は盛会のうちに終了いたしました。
ご参加、ご支援をいただきました皆さまに心より感謝申し上げます。

日時:2018年11月23日(金) 13:00~17:00
会場:名古屋国際会議場 白鳥ホール(名古屋市熱田区熱田西町1番1号)
後援:厚生労働省、全国知事会、一般社団法人 医療の質・安全学会

開催概要(PDF)  当日配布プログラム(PDF)

テーマ:現場から吹き始める新しい医療安全の風

開会挨拶

髙久史麿(一般社団法人 医療安全全国共同行動 議長)
開会挨拶(PDF)

第1部 基調講演「医療安全の新展開:レジリエンス・エンジニアリング」
    講師:中島 和江(大阪大学医学部附属病院 中央クオリティマネジメント部 教授)

 〈 座長 〉小泉 俊三(一般社団法人 医療安全全国共同行動 専務理事)

 講演要旨(PDF)  配布資料(PDF)

第2部 シンポジウム「患者の視点に立って医療安全を考える」

〈 座長 〉長谷川  剛(上尾中央総合病院 情報管理特任副院長)
〈 シンポジスト 〉
・長谷川  剛
(上尾中央総合病院 情報管理特任副院長):医師  配付資料(PDF)
・髙山 詩穂
(患者・家族と医療をつなぐNPO 法人架け橋 理事):看護師
・豊田 郁子
(イムスリハビリテーションセンター東京葛飾病院 医療安全対策室、
______患者・家族と医療をつなぐNPO 法人架け橋 理事長):患者遺族  配布資料(PDF)

閉会挨拶 

小泉 俊三(一般社団法人 医療安全全国共同行動 専務理事)

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 医療安全全国共同行動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.